オークションを利用した場合

 

中古車の売却は、昨今の中古車買い取り専門店の台頭でテレビコマーシャルなどでも大々的に取り上げられていますが、新車への買い替えにおけるディーラーでの下取りが有利な場合や、大手買い取り専門店のほうが高額な場合、そしてもう一つがオークション代行への個人出品による売却という選択肢が一般的です。相場はそれぞれに大きく異なりますが、業者を間に挟めば挟むほどにその業者の利益を追加しなければならないため、売り手の手取りが減額されるか、買い手の支払いが増額するかのいずれかにしわ寄せが行きます。これらの影響を最小限に留めるのは個人間売買ということになりますが、自動車の売買にはそれなりに知識も必要で手続きなども簡単ではありますが、しっかりと済ませていかなければなりません。もちろんそれに伴うリスクも潜んでいます。相場や手取り額だけを意識すると、思いもよらないところで余計な出費になったり、負担になったりということもあるので注意が必要です。少しでも高額の売却を実現するには、代行を活用するのも良い手段かもしれませんが、個人への売却でもそれなりの安心感などを得るためにはやはり実績のある専門の代行業者を介在させることが有効です。

 

Filed under: 未分類 — toku 11:30 AM