デメリット【個人売買の場合】

ゴルフ01

車を個人売買することのデメリットは名義変更の手間がかかる点にあります。
ディーラーや中古車販売業で売った場合には名義変更の手続きは代行してもらえるのです。大体は委任状を書くだけで代行してもらえます。
その手続きの分買い取り費用から引かれてるのですが、実はこの手続きは個人ですると非常に面倒なものなのです。
書類を作成する事そのものは面倒な作業ではありませんが、書類をもらうのには運輸局に行く必要があります。
また提出するのにも運輸局まで行かなければいけないのです。仕事の忙しい方にとっては面倒な作業となります。
そしてナンバーも自分で外して返納する必要があります。
これらはきっちりとしなければ払い過ぎた税金が返ってこなくなったり、自分が車を手放したあとも税金を請求されるなど非常に面倒なことになるのです。
業者に依頼した場合にははらい過ぎた税金の返還の手続きなどもしてもらえる場合もあります。
何度も自分でしたこともある人でしたら問題はありませんが書類に不備があるとやり直しをしなければいけないため、面倒です。法律家に全ての作業を依頼することも可能ですが、その時はお金を支払う必要があります。
どちらの方が本当にお得なのか考えたほうがいいでしょう。

 

Filed under: 未分類 — toku 11:31 AM