買取専門業者とディーラーを比較

 

車を売る時には買取専門業者に車を売る方法と、ディーラーに下取りという形で買取をしてもらうパターンがありますがこれはどちらが有利なのかと思っている人も多いものですよね。
そこで、このふたつを比較した場合金額的に有利になりやすいのは専門業者ということになります。
その理由としては専門業者の場合、買取をした車を売りさばくルートを持っているため買取した車を高く売ることができるため、買取金額も上がりやすくなるのです。

一方のディーラーの場合は車を売ることが本業であり、下取りした車を販売するのが本来の仕事ではないため販売ルートというのも限られているため、買取した車を高く売るということができません。
そうなると査定額も低めになってしまうため、専門業者よりもどうしても金額面で不利になってしまうのです。
しかし、下取りというのはサービスであったり値引きの一環であるものなので、専門業者で値段がつかないような車やあるいは逆に引き取り料を取られしまうような車であってもいくらか値段をつけてくれることがあるため、このような車の場合には専門業者ではなく、ディーラーで下取りをしてもらったほうが金額的に有利になることもあるのです。

 

Filed under: 未分類 — toku 11:29 AM